【ラクダのポーズ】ができない人へ!やり方&コツ&練習方法をご紹介♪

ヨガ・ポーズ解説

できたら気持ち良さそう。
でもなかなか難しいのが【ラクダのポーズ】。

効果的な練習方法とコツをご紹介します!

鼠蹊部と肩甲骨に注目

「肩こり解消 ヨガ」
「姿勢改善 ヨガ」

なんて検索していると、
高確率でヒットするのが【ラクダのポーズ】

【キャメルポーズ】と英語で呼ばれることも多いです。

しかし、このポーズ…
なかなか難しいですよね…

「やってみよう!」
なんて意気込んだものの、撃沈したという人も少なくないはず。

見よう見まねで行った結果、腰を痛めてしまったという人も多いんです。

このポーズのコツは、
鼠蹊部肩甲骨

詳しい説明の前に、効果をチェックしてみましょう!

ラクダのポーズの効果

姿勢の改善

パッとみて分かる通り、猫背のほぼ逆の姿勢。
なので姿勢改善効果は抜群です。

肩こりの解消

肩甲骨を寄せるので肩こりにもよく効きます。

呼吸量アップ

胸を大きく開くので、呼吸量がグンと増えます。
呼吸が深まれば自律神経も整いますよ♪

基本的なやり方

太字がやり方、箇条書き部分がポイントです。

1、膝立ちになる
 ・足幅は腰幅が目安

2、両手をお尻の少し上に添える
 ・仙骨の少し上が目安
 ・肘を後ろに引き、肩甲骨を寄せる

3、骨盤を前に押し出す
 ・目線は自然に天井へ
 ・肩甲骨をしっかり寄せておく

4、手をかかとへ移動させる
 ・目線を動かさない
 ・鼠蹊部を引き込まない

5、胸を高く突き出してキープ
 ・鼠蹊部を引き込まない

6、手を腰に添え2の姿勢に戻る

 ・目線は自然に正面へ
  急に戻さないよう注意

大切なのは、
▶︎肩甲骨を寄せる
▶︎鼠蹊部を前に押し出す

の2点。

肩甲骨を寄せることで自然に胸が開くので、後屈しやすくなります。

また、鼠蹊部(骨盤)を前に押し出すことで腰を痛めずに後屈できますよ!

ありがちなNGパターン&改善方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1100506_m-1024x768.jpg

ここからは私がレッスン中によく見かけるミスアライメントをご紹介します。

当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

インストラクターの方は指導やキューイングの参考にしてみてください♪

腰で反っている

とにかくこれ。
後屈のポーズは腰を反らすのではなく、胸を開くことがポイントです。

肩甲骨を寄せよう!

肩甲骨を寄せると自然と胸が開きます。
肘を背中で寄せると肩甲骨も寄るので、ぜひトライしてみてください!

手の位置はお尻より少し上につこう!

手を腰に添えていると腰から反りたくなってしまうもの。
おまけに肘も寄せにくいです。

尾てい骨と同じラインに指がくるように添えてみましょう。

足の付け根を前に押し出そう!

腰で反ってしまう人は、お腹を前に突き出しがち。
お腹よりももっと下、鼠蹊部を前に突き出すと腰が反りにくくなりますよ。

胸を天井に向かって突き出そう!

足をつかむことができたら、最後は胸。
グッと天井に向かって突き出すとかなりポーズが安定します。

おすすめのシークエンス

とにかくラクダのポーズを成功させたいときに

キャット&カウ

猫の伸びのポーズ

ラクダのポーズ

上半身のコリをほぐしたいときに

閂のポーズ

ラクダのポーズ

うさぎのポーズ

まとめ

以上、ラクダのポーズについて解説しました^^

ラクダのポーズは腰の怪我と隣り合わせのポーズです。
くれぐれも無理はしないようにしてくださいね!

最後、手を無理に足に添えなくても問題なし。
慣れるまでは腰に添えたままキープするといいですよ♪

ぜひご自身の練習やレッスンの指導に生かしてみてくださいね^^

その他のポーズ解説は以下からご覧ください^^

【ダウンドッグ】

【チャトランガ】

【ステップイン】

【鳩のポーズ】

【キャット&カウ】

【コブラのポーズ】

【鶴のポーズ&カラスのポーズ】

【ラクダのポーズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました