性格が丸分かり!?【英雄のポーズ2】を徹底解説!

ヨガ・ポーズ解説

ヨガを教える中で、私が勝手に感じたこと。
独断と偏見のみで語るコラムです。笑

性格がポーズに現れる!?

ヨガのレッスンを行なっていると、よく思うことがあります。

ヨガまる
ヨガまる

アーサナ(ポーズ)って性格が出るよな・・・。

別に心理学を専攻してた訳でもなんでもありませんが(ちょっとだけ勉強してましたけど)、めちゃめちゃ分かるんです。

その中でも特に性格が現れると思うのが、「英雄のポーズ2」
戦士のポーズやウォーリアー2と呼ばれることもありますね。

私の独断と偏見を述べる前に、英雄のポーズ2の効果をチェックしてみましょう。

【英雄のポーズ2】の効果って?

下半身の強化

脚のアライメントを的確に取ることで、下半身の強化に繋がります。

代謝アップ

下半身の筋肉が発達することで、基礎代謝もアップ。
痩せやすい体を作ることができます。

体幹の強化

アーサナの軸となる体幹部分の強化も行えます。
お腹、背中、胸などがバランスよく引き締まりますよ。

肩こりの解消

最後に肩甲骨をギュッと寄せることで背面の血流が良くなり、肩こりが解消されます。

どこに性格が現れている?

英雄のポーズ2で特に性格が現れるパーツが、上半身と手。

大きく3〜4パターンくらいに分かれるので、それぞれ解説します!

前の手が高いor上半身が前のめりになっている

このタイプの方は、非常にアクティブ&アグレッシブな傾向にあると思います。

いい意味で社交的でグイグイくるタイプ。
明るくて活発な印象です。

悪い意味で言うと、やや攻撃的。
自己主張が強いというか、クレーマー気質というか…。

ドラえもんでいうところのジャイアン的な人が多いです。(失礼)

左右の手が下がっている

このタイプの方は、引っ込み思案で内向的な傾向があると思います。

いい意味で言うとおしとやか。
もしくはおとなしい感じ。

悪い意味で言うと、自信がない印象。
自己主張はせず、悲観的な感じとでも言いましょうか…。

こちらはドラえもんでいうところののび太的な感じですね。(失礼)

後ろの手が下がっている

前の手は肩と同じ高さorやや上気味。
それなのに後ろの手は下がっているという方は、「実は自信がない」的な人が多いように思います。

一見明るくみえるものの、実は周囲との関係を非常に気にしていたり、何か悩みがあったり。
一人になるとマイナス思考でネクラなんてパターンもあるかもしれません。

言い方はとても悪いんですが、ジャイアンなしでは強く出れないスネ夫のような感じです。

肩が上がっている

手の高さはさほど気にならないものの、肩が上がっている人も多いですよね。

このタイプの方は、ポーズだけでなく日常やちょっとしたことに対して力みすぎてしまう方のように感じます。

よく言えば一生懸命。
悪く言えば空気を読まず勢いだけで行動するタイプ。

もう少し肩の力を抜くと、ポーズも日常もラクに過ごせる人なのかもしれませんね。

まとめ

今回は性格が分かるヨガポーズ【英雄のポーズ2】について解説しました。

全くの独断と偏見。
根拠はほとんどありません。

手が痛くてあげられない方もいますし、肩こりが原因で手が下がっているの可能性もあります。

一概には言えませんが、機会があればご自身も含めよくよく観察してみてください。

意外と当たっているかもしれませんよ・・・!

その他のポーズ解説は以下からご覧ください^^

【ダウンドッグ】

【チャトランガ】

【ステップイン】

【鳩のポーズ】

【キャット&カウ】

【コブラのポーズ】

【鶴のポーズ&カラスのポーズ】

【ラクダのポーズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました