ヨガ留学だけでインストラクターになれる?正直にお答えします。

ヨガ留学 in ハワイ

ヨガインストラクターを目指してヨガ留学を考えているという人は多いはず。
でも、たった1ヶ月でインストラクターになれるのか不安ですよね。
実際のところどうなのか、解説していきたいと思います!

ヨガ留学だけでもインストラクターになれる!

結論から言うと、1ヶ月のヨガ留学のみでもインストラクターになれます!

とはいえ、海外でただヨガをすればいいという訳ではありません。
以下の2つは絶対条件です。

①プログラムが組まれている
②ヨガに関する資格が取れる

特に重要なのは①。

ヨガに関して多角的に学べるようなカリキュラムが用意されていれば、帰国後すぐにでもインストラクターとして活動できます。

②に関してはなくてもギリギリOKですが、あればベター。

といっても、きちんとプログラムが組まれていれば大抵資格もついてきます^^

おすすめのカリキュラム(資格)は?

一番おすすめなのは、全米ヨガアライアンスによる『RYT200』

これは単純にヨガの知識を深めるための資格ではありません。
”ヨガの指導者になる”ための資格なのです!

カリキュラムにはポーズの指導法やレッスンの作り方なども含まれています。

つまり、ヨガインストラクターとして必要な知識が学べるということ。

おまけに世界70カ国くらいで通用するので、取得すると帰国後の就活がとてもスムーズです。

単純にポーズ名や歴史を学ぶだけの資格に注意!

資格の中には、単純にポーズの名前や効果、ヨガの思想や哲学を学ぶだけのものもあります。

これも決して悪くはないのですが、インストラクターにとって一番大切な「人への教え方」について学べない可能性が高いです。

いくら知識を持っていても、お客さんへの接し方やレッスンの組み方がわからなかったらインストラクターにはなれませんよね。

したがって、まずは指導法ほうを学べる『RYT200』に着手するのがおすすめ。

その後学びを深めたければこの類の資格取得を目指すといいかもしれませんよ。

就活の時、ヨガ留学だと不利になる!?

留学希望
留学希望

とはいえ、短期での資格取得ってなんか信用なさそうじゃない?

なんて思う人もいらっしゃるでしょう。
実際、私もそう思っていました。

結論から言うと、100%影響がないという訳ではありません。

確かに履歴書をみたとき、

採用担当
採用担当

あぁ〜、短期留学パターンか…

という採用担当者もいます。

しかし、短期留学だからと言って面接や採用を見送るケースはほぼゼロ!

履歴書の内容がよほど酷くない限り、面接にきてもらうことがほとんどです。

そして、面接に呼ばれてしまえばあとは実力次第。
自分の思いをしっかり伝え、最高のデモレッスンを行うのみです。

面接についてはこちらの記事にまとめておりますので、ぜひご覧くださいね^^

就活のタイミングは、帰国後すぐがおすすめ!

留学生
留学生

留学から戻ったらもう一度勉強して就活に挑もう!

と考えている方もいるかもしれませんが、就活は帰国後すぐに行うのがおすすめ。
理由は以下の通りです。

・時間が立つとモチベーションが下がる可能性がある
・一人で学び直すと、逆に自信がなくなることもある

なんだか抽象的な理由ではありますが、意外と大きく影響します。

帰国後時間が経つと、熱が冷めてしまうことがあるんですよね。

日本に戻って来れば友達もいるし、家族もいるし、誘惑が多いんです。

「明日やろう」なんて思っているうちに、モチベーションが下がってしまうケースも少なくありません。

「じっくり学び直そう」と思ってる人も多いですが、一人で勉強しているときに分からないことが出てくるとズルズル自信を無くしてしまうことがあります。

そうなったら最後。

留学生
留学生

私、ヨガイントラに向いてないんだな…

なんて考え始めて路頭に迷ってしまいます。
これではせっかくの留学経験が台無しですよね。

そうなる前に、留学の勢いに乗って就活しちゃうのがベスト。

ヨガを学ぶために留学しちゃうくらいの行動力があるあなたです。
場合によっては仕事や恋人も捨てるほどの勇気があるはず。

ヨガへの熱い想いのままに就活を始めれば、比較的すぐに決まります。

そしてその採用通知が新たな自信を呼び起こすもの。

「いつから就活しよう…」なんてタイミングを見計らわず、波にのって動きましょう!

まとめ

・ヨガ留学だけでもヨガインストラクターになれる
・帰国後はすぐに就活を行うのがおすすめ

以前も別の記事で書きましたが、ヨガの資格取得は運転免許の取得と同じようなもの。

短期でも取れるし、通いでも取れます。

確かに「短期だと危なっかしいのでは?」と思ったりするものの、普通に運転できますよね。

そして場数を踏むことで上達していきます。
経験がないからと足踏みする必要はありません。

また、ヨガ留学の場合はその行動力が評価されるケースもあります。

ヨガインストラクターを目指している方、通いにこだわる必要はありません。
ぜひ留学も一つの手段として考えてみてくださいね!

よろしければ他の記事もご覧ください^^

ハワイへのヨガ留学って実際どう?メリット&デメリットをぶっちゃけます。

ハワイ・ヨガ留学を決めたのは何ヶ月前?準備したものは?

費用はいくら?ハワイで1ヶ月間ヨガ留学した実際の出費&費用を抑えるコツを大公開!

あって良かった!ハワイへの留学に持って行くべきおすすめアイテム

仕事は?貯金は?家は?ハワイへ「ヨガ留学」を決めた時のリアルな状況

ハワイのヨガ留学はただの遊び!?そんなことはない!メリットがたくさん♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました