【コブラのポーズ】を2倍効かせるコツ!指導のポイントもご紹介♪

ヨガ・ポーズ解説

レッスンでの搭乗率が比較的高い「コブラのポーズ」。
しかし、なんとなーくやっている人が多いポーズでもあります。
コツをご紹介するので、練習や指導の参考にしてみてくださいね^^

胸を開く&背中に力を集める!

コブラのポーズは、腰を大きく反らせるポーズ・・・ではありません。
「胸を大きく開く」ポーズです。

この認識がとても重要なポイント。

そしてもう1つ抑えておきたいポイントが「背中に力を集める」こと。

今まで腰に意識がいっていた方は「???」と言う感じですよね。

ハッキリ言いましょう。
コブラのポーズは、全くもって上体を持ち上げた高さは関係のないポーズです。

意識できれば、半分の高さでも効き目は2倍。

詳しいやり方の前に、まずは代表的な効果をご紹介します!

コブラのポーズの効果

呼吸量アップ

胸を大きく開くことで、呼吸が深まります。
呼吸が深まれば心身が落ち着き、自律神経を整える効果も◎

姿勢改善

胸を開くポーズは姿勢改善にも効果的。
バストトップに位置も上がり、佇まいが美しく見えます。

背中のシェイプアップ

しっかりと意識すれば、背中の引き締めにとっても効果的。
背中の筋肉が強化されればさらに姿勢がよくなります。

基本的なやり方とコツ

太字が基本的なやり方、箇条書き部分がコツです。

1、マットにうつ伏せになる
 ・足は腰幅
 ・つま先をピンと伸ばす

2、両手を胸の横につく
 ・肩を下げる
 ・脇を締める

3、上体を持ち上げる
 ・吸う息に合わせて行う
 ・まずは手を使わずに上体を上げる

脇や足先をキュッと締めるのがポイント。
そうでないと力が外に逃げてしまいます。

ありがちなNGパターン&改善方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1100506_m-1024x768.jpg

ここからは私がレッスン中によく見かけるミスアライメントをご紹介します。

当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

インストラクターの方は指導やキューイングの参考にしてみてください♪

腰を反らせている

ミスアライメント部門ダントツで1位はこれ。
背中に効くどころか、腰を痛めてしまいます。

肩を下ろしてから上体を持ち上げましょう!

うつ伏せで胸の横に手をついた時点で、肩を下ろすのがポイントです。
骨盤の方へ引き寄せるイメージを持つと◎

肩を後ろに回し、首が一番伸びたところでストップしてみましょう!

手をつく位置を見直そう!

肩が下がらない場合は、手をつく位置が上すぎる可能性があります。
胸の真横〜少し下くらいに手を置きましょう

胸を天井に向けてみよう!

上体を持ち上げる段階に入ったら、胸を天井に見せるような意識を持ちましょう。
そうすることでしっかりと背中を使うことができます。

上半身の高さを気にしている

必死で上半身を持ち上げている人は、大抵背中をうまく使えていません。
逆に、背中に効いていないから高く持ち上げようとしちゃうこともあります。

肩を下げてみよう!

スタートの段階で肩を下げても、上半身を持ち上げ始めると肩がすくむ方が多いです。
耳の後ろと肩はなるべく引き離すイメージで、常に肩は下ろすよう意識しましょう!

足幅はスタートから変えない!

上半身を持ち上げるため、足先から力を逃す人も多いです。

上体が上がっても下がっても、内腿に力を入れて足は腰幅でキープ
背中にも脚にも効いてきます♪

まずは手の力を使わずにアップしよう!

どうにもこうにも分からないと言う人は、まずは手の力を使わずに上半身を持ち上げてみましょう。
すると、背中への意識を養うことができます。

ビリビリ効いてきたところでさらに手を使って胸を開くと、ポーズが深まりやすいですよ!

おすすめのシークエンス

気分をスッキリさせたいときに

コブラのポーズ

ダウンドッグ

ステップイン

英雄のポーズ1

猫背を解消したいときに

コブラのポーズ

カエルのポーズ

バッタのポーズ

チャイルドポーズ

まとめ

以上、コブラのポーズについて解説しました!
少し意識を帰るだけで、ポーズの効き方がかなり変わります。

腰を反らせていた方、高さを気にしていた方はぜひ、これを機に見直してみてくださいね♪

太陽礼拝やフローヨガがもっともっと楽しくなりますよ^^

その他のポーズ解説は以下からご覧ください^^

【ダウンドッグ】

【チャトランガ】

【ステップイン】

【鳩のポーズ】

【キャット&カウ】

【コブラのポーズ】

【鶴のポーズ&カラスのポーズ】

【ラクダのポーズ】

コメント

  1. […] 花輪のポーズ↓カラス・鶴のポーズ↓ジャンプバックでチャトランガ↓コブラのポーズ↓ダウンドッグ […]

タイトルとURLをコピーしました