へそ出し&レギンスじゃないとダメ?ヨガインストラクターのウェア問題

働き方 in 全国的に

”ヨガインストラクター=へそ出し&レギンス”というイメージの方も多いはず。
でも、それって絶対なの?そんな疑問に答えます!

へそ出し以外でもOK!

ヨガウェアショップを見ると、圧倒的に多いのがショート丈のトップス。

いわゆる”へそ出し”ですね。

うわぁ…腹出さないといけないのか…

なーんて落ち込んだ方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、ご安心ください。
結論から言うと、別にへそ出しのウェアじゃなくてもOK。

ではなぜショート丈トップスが多いかと言うと、体の動きがよく見えるからなんです。

呼吸にしろ、ポーズにしろ、ゆったりしたウェアだと動きや詳細があまり見えませんよね。

だから、ヨガウェアはショート丈のものや体のラインが出るようなウェアが多いのです!

ボトムはレギンスがベター

ヨガウェアとして販売されているボトムの多くは、ピタッとしたレギンス。
脚にコンプレックスがあると辛いんですよねこれが…。

しかし、ボトムもトップスと同じ理由で体のラインが見えるものの方がベター。

お客さんとして参加するならなんでも構いませんが、インストラクターとして人前に立つならポーズがきちんと見えるものの方が好ましいです。

でも、どうしても嫌な人もいるでしょう。
何を隠そう私もその一人です。笑

次の項目では、そんな方にオススメのウェアをご紹介します!

トップス編

Tシャツ

ヨガウェアはTシャツでもOK!
一般的なものでも構いませんが、以下のようなポイントを抑えておくとよりベターです。

・オーバーサイズすぎない
・袖が長すぎない
・着丈が長すぎない

要はゆったりしすぎないと言うのがポイント
具体的には以下のようなものがオススメです。

吸汗・速乾にも優れているのでホットヨガにもぴったり!

また、ややゆとりがあっても以下のように袖がタイトなら体のラインがきちんと見えます。

これなら裾を結んでショート丈で着ることもできそうですね!

タンクトップ

トレーニング用のタックトップなどもヨガウェアとしてオススメです。
袖があるものよりも体のラインが見えやすいですよ♪

こちらはカップ付きなのでブラなしで着られちゃう優れもの。
お洗濯もラクです。笑

ファッションを楽しみたい方は、以下のようなものもオススメ。

着慣れない方からするとやや大胆なデザインですが、インナーとのコーデも楽しめますよ♪

ボトム編

先述した通り、ボトムはレギンスがベター。
でも嫌なものは嫌ですよね。

そこでここでは、大根足と呼ばれ続けた私がオススメするヨガボトムをご紹介します!笑

派手柄のレギンス

簡単に言うと、目くらましです。笑
以下のように柄が派手なものを選べば脚の形が気になりにくいですよ♪

カラフルだとより脚に目がいきにくいです。
ぜひ参考にしてみてください^^

アラジンパンツ

ゆったりしているようで意外とオススメなのがアラジンパンツ。

生地が柔らかいので、体のラインを拾ってくれるんですよね。

似たようなもので「ガウチョパンツ」もありますが、裾が広いので足を上げるとめくれがち。
でも、アラジンパンツは足首がキュッとしてるのでバッチリです!

こんなヨガウェアはNG!

基本的にヨガウェアは自由ですが、避けた方がいいものもあります。

胸元が大きく開いているもの

そっち方面で売っていくならアリ。
男性人気を取りたいならアリ。

しかし、女性からは「目のやり場に困る」と言うクレームが入ることも多いです。

フードがついている

フードがついているとカジュアルで可愛らしいんですが、ダウンドッグの時に100%フードが落ちてきます。笑

インストラクションやレッスンの妨げになるので、ないほうがベター。

オーバーサイズすぎる

体のラインが見えないだけでなく、だらしない印象を与えてしまいます。
特にトップスは要注意。

ジャストサイズorややゆとりがあるもので検討しましょう!

まとめ!

以上、インストラクターのヨガウェアについて解説しました!

別にへそ出しじゃなくてもレギンスじゃなくてもいいんです。
大切なのは、「体の動きが見える」こと。

それを踏まえてウェアを選べば、多少ゆとりがあるものでも差し支えありません♪

ただ、抵抗がなければ体のラインがしっかり見えるものがオススメ。
見た目に説得力があると、お客さんもつきやすいですからね…!

ぜひ参考にしてみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました