【足を両手の間に出せない!】ダウンドッグから足を一歩踏み出すコツ&教え方

ヨガ・ポーズ解説

「はーい、目線を両手の間に移して、そこに右足を出しましょう!」

ダウンドッグからよくあるこの流れ、なかなか上手くできませんよね…。
コツと対策をお伝えします!

重心移動&お腹の力をフル活用!

太陽礼拝やフローヨガでよく行われる
”ダウンドッグ→片足を両手の間につく”の流れ。

そんなに脚が長い訳でもないのに(失礼)、ピッタリ両手の間に踏み出すのってなかなか難しいですよね。

手前に着地しては足の指でゴニョゴニョと移動…なんて方も多いのでは?(私もそうでした)

でも実はこの動き、コツを掴むと上達が早いんです!
ポイントは、重心とお腹の力

まずは効果をチェックしてみましょう!

体幹&インナーマッスルの強化

きちんと行うと、体幹やインナーマッスルがかなり鍛えられます。
全身を引き締めたい方にもおすすめ。

肩周りの強化

重心を移動させると、肩や腕の筋肉が刺激されます。
肩の可動域も広がるので、肩周り全体の強化に効果的です。

フローヨガが楽しくなる(笑)

この動きが苦手だと、せっかくのフローヨガも流れが分断されがち。
上手くいくようになると呼吸と動きの一体感を強く感じることができますよ!

基本的なやり方

ダウンドッグになる

2、片足を持ち上げる
 ・高さは気にしなくてもOK

3、両手の間に一歩踏み込む
 ・お腹の力で足を持ち上げる
 ・重心を前へ移動させる

一連の動きをその場で行おうとしても上手く行きません。
しっかりとお腹の力で足を引き寄せつつ、重心を移動させるとスムーズです♪

ありがちなNGパターン&改善方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1100506_m-1024x768.jpg

ここからは私がレッスン中によく見かけるミスアライメントをご紹介します。

当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

インストラクターの方は指導やキューイングの参考にしてみてください♪

勢いで行おうとしている

できない人の大体がこのパターン。
勢いでやっても、残念ながら体の構造上うまく行きません。
以下のポイントを意識してみてください^^

膝を胸に引き寄せ続けよう!

一歩出そうとして足を前に投げだすのはNG。
膝まずは膝を曲げ、お腹の力でグッと体へと引き寄せましょう。
そして、足をつく瞬間までこの体勢をキープするのがコツです。

重心を前に移動させよう!

いくら足を引き寄せても、足先は股関節の真下までしかきません。
腹筋&肩の力を利用し、重心を限界まで前へ移動させてから足を下ろしましょう。

全身をコントロールする意識で!

この動作、できる人はどれだけゆっくりやってもできるんです。
つまり、勢いはいらないということ。

足を体に引き寄せる、重心を限界まで前に移す、そして足を下ろす”という流れを強く意識しながら、体をコントロールしてみてください。

おすすめのシークエンス

股関節を柔らかくしたいときに

ダウンドッグ

スリーレッグダウンドッグ

両手の間に踏み込む

三日月のポーズ

足を鍛えたいときに

ダウンドッグ

スリーレッグダウンドッグ

両手の間に踏み込む

ローランジ

ハイランジ

まとめ

以上、ダウンドッグから足を一歩踏み出すコツや教え方についてご紹介しました♪

しっかりと足を引き寄せ、重心を移動させる。
この意識を持つだけでかなりスムーズに動けるようになりますよ。

最初はできなくても、意識しながら動けばすぐに上達します。

諦めずに取り組んでみてくださいね!

その他のポーズ解説は以下からご覧ください^^

【ダウンドッグ】

【チャトランガ】

【ステップイン】

【鳩のポーズ】

【キャット&カウ】

【コブラのポーズ】

【鶴のポーズ&カラスのポーズ】

【ラクダのポーズ】

コメント

  1. […] 【ステップイン】 […]

  2. […] コブラのポーズ↓ダウンドッグ↓ステップイン↓英雄のポーズ1 […]

  3. […] 【ステップイン】 […]

タイトルとURLをコピーしました