ハワイへの「ヨガ留学」で絶対外せないポイント・注意点は?

ヨガ留学 in ハワイ

ヨガ留学、せっかくするなら失敗したくないですよね!
今回は私がヨガ留学にあたって重視したポイントをお伝えします。

憧れのヨガ留学!決意したものの、選択肢が多すぎる…。

ついに決意したヨガ留学。
と言っても、決意した時点での知識量といえば「海外でヨガが学べる」のみでした。笑

インターネットで調べてみるものの、選択肢が多すぎて迷うばかりの毎日…。

そこで私は以下のポイントを参考に留学先とスクールを絞り込みました!

留学先(国)

「ヨガ留学 海外」で調べてみると、よく出てくるのは以下の3都市。

・ハワイ
・バリ
・インド

なんとなくですけど、どこもヨガっぽい雰囲気がありますよね…w

ぶっちゃけ海外でのんびりしたかっただけなので、基本的にはどこでもよかったんです。
でも、治安や文化的に考えてとりあえずインドは候補から外しました。

1ヶ月暮らすとなると、食事や気候の相性も大切な要素

現地で何かあったときに頼れる人がいるか分かりませんからね。

ということでハワイかバリかの二択に。

バリも非常に魅力的でしたが、やはり食事や衛生面を考えるとやや気が乗らず…結果的にはハワイを選びました。

遊びに行く気満々じゃーん!

…と思った方も多いでしょう。

えぇ、えぇ。
そうです。
そうなんですよ。

でも、ハワイにはそれなりのメリットがあるんです。

・日本語が通じやすい
・治安が良い
・気候が安定している
・自然が豊か

やはり留学となるとネックになるのが言葉の壁。

語学留学ならまだしも、そうでないならなるべくコミュニケーションが取りやすいところの方がストレスなく過ごせますよね。

また、治安はもちろん気候も健康やメンタルに影響を与える重要な要素の一つ。

強盗や暴漢に怯えながら辛い気候に耐えるよりも、ある程度安心して暮らせて過ごしやすい環境の方が学びにも集中できます。

…なーんてもっともらしい理由を考え、留学先はハワイを選びましたw

しかし、ハワイはメリットだけではありません。デメリットもあるんです。

・物価が高い
・誘惑が多い

2つ目は根性でコントロールできるものの、どうにもならないのが物価。

日本よりもはるかに物価が高いので、現地での生活はかなりの節約を強いられます。

が、しかし。
能天気&合理化ヤローな私。

ヨガまる
ヨガまる

毎日自炊!
それもいい経験じゃーんw
思い出思い出♪

と言い聞かせ(思い込み?)ハワイ行きを決意したのでした。

スクール

留学国が決定したら、次に選ぶのはスクール。

これもまたいっぱいあるんですが、以下の点だけは絶対に注意してください。

・ヨガに関する資格が取れる

ここが意外と大きな落とし穴。
実は、ヨガの資格が取れないスクールもあるんです。

「なんじゃそりゃ!?」

って感じですよね。
でも、あるんです。(2回目w)

その手のスクールも「ヨガ留学」とうたっていますが、実際の目的は語学留学。

語学の授業の間に”ヨガスクールに通える”という特典が付いているだけなんです。

もちろん、それで良ければそれでOK。
でも、帰国後にヨガインストラクターを目指したいなら資格が取れるスクールの方が良いでしょう。

ということで、私はRYT200というヨガインストラクターの資格が取れるスクールを選びました。

スクール選びで重視したこと

ヨガインストラクターを目指すなら、ヨガの資格が取れるスクールであることが重要です。

しかし、それを念頭に置いて調べたとしてもたくさんのスクールが出てきます。

「どうしたらいいんだ…」と悩んでいたら、ぜひ下記のポイントを参考にしてみてください。

指導内容が充実している

いきなり当たり前すぎることですみません…。笑
でも、お金を払って学びにいくわけですから重要です。

ポイントとしては、決められたカリキュラム以外のことも教えてくれるか否か

例えば私が取得したRYT200という資格は、予め学ぶことが決められています。

しかし、私が選んだスクールではRYT200をベースに少し発展的な内容も教えてくれました。

高額な料金を支払うなら、少しでも多くのことを学びたいもの。
決められた内容だけでなく、スクールならではのカリキュラムがあるところを選ぶといいかもしれません。

スクールにきちんとした実績がある

高額なお金を払ってハワイへ行き、現地に行ったらスクールがない…。

なんてことになるのは嫌ですよね。
いや、滅多にないとは思いますけど。笑

しかし詐欺がないとは言い切れません。
スクールに実績があるかどうかはチェックしておくといいでしょう。

また、スクールの卒業生の活動や卒業生の口コミなども一緒にチェックすると、スクールの雰囲気がよく分かりますよ。

ヨガインストラクター以外の資格も取れる

スクールの中には、RYT200以外の資格が取れるところもあります。
例えばこんな資格↓

・SUPヨガインストラクター
・マタニティヨガインストラクター
・サウンドヒーラー
・マッサージなどボディケア関連
・レイキヒーラー

必要なければRYT200のみで十分ですが、「せっかくなら取っちゃえー!」というスタンスの方にはおすすめ。

ちなみに私はレイキヒーラー(一番怪しいw)の資格も一緒に取得しました。

現地での生活をサポートしてくれる

スクールによっては寮を完備していたり、滞在先の手配をしてくれたりなど、生活面もサポートしてくれるところがあります。

海外に慣れているなら必要ありませんが、そうでなければありがたいですよね…。

実際、私も生活のサポートをしてくれるスクールを選びました。
現地での滞在先もスクールに手配してもらっています。

自分で手配する余裕があればなしでもOK。
でも、忙しかったり心に余裕がなかったりするならプロに任せると安心ですよ。

「なんか楽しそう!」と思える

最後の最後でふわっとした提案をしますが、意外と大切。

やはり楽しめないことにははかどりませんからね!(言い訳)

私が選んだスクールは、授業以外にも以下のようなお楽しみが用意されていました。

・サンセット&サンライズヨガ
・人気カフェのランチデリバリー
・卒業パーティー
・週1日のお休み

他にもありましたが、ざっとこんな感じ。

ヨガまる
ヨガまる

ハワイライフも楽しめそう!

と思った単細胞な私はこのスクールを選び、ヨガ留学へと旅立ったのでした。

まとめ

以上、スクール選びのポイントについてご紹介しました!

・行きたい国か
・資格は取れるか
・楽しそうか

おおよそこの3点で検討すればいいと思います。(雑)

資格の選び方や現地での生活については今後別の記事でご紹介しますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました